めいん盾(笑)生活

盾プレイに全てを捧げる内藤の雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

褌王

こんぬづわ

エゼさんの記事をパクってインスパイアして俺も改変コピペに挑戦

ネタが分からない人は「斑鳩」でググってみよう
シューティングゲームです

ふ

Chapter : 01        ・        .    
____                .             . * .
|理|想|              .     .  *   ('A` )     
ideal                 .         .(褌 )\    
嗚呼、褌王が行く……      *           \\.     _ ,.... -‐‐
望まれることなく、浮き世から                    ,...- ' ゙゙
捨てられし彼等を動かすもの。                  , '´ヽ ヽ    _/
それは、下着1枚しか穿かない者の             /   j´  `'ー、_ j
意地に他ならない。                       /  /`´      !ノ
                                /  '!.j


Chapter : 02
____
|試|練|
Trial
                        。.:☆
秘書のガードが強固であるほど   ;*  凸 *;。
様々な試練に苛まれるものだ。   ゚*: (('A`).;゚' 
無論、試練を目前に避ける事も    ゚・* (褌7      ('A`)
出来れば、逃げる事も出来る。      <~▼~ヽ    †ノ褌ヘ▼ヘ
だが、試練の真意は、そんな秘書
のパンツを盗撮することにある。


Chapter : 03
____
|信|念|
Faith

浮き世に絶対などというものは       _[癌]
無く、理不尽な思いを胸にして        (  ) ('A`)
途方にくれる時もある。            (  )Vノ )
それを乗り越える為には、確固        | |  ~▼~
たる信念と洞察、そして幾分か           |  |
のエロスを持つ必要がある。

Chapter : 04
____
|現|実|
Reality

そして、現実はその姿を現す。  ______
何を求め……            |←樹海|    
何を見て……              ̄|| ̄     ┗('A`)┓三 ┗[現実]┓三
何を聞き……              ||       ┏~▼~┗   三  ┏┗   三
何を思い……
何をしたのか……


Final chapter
____
|輪|廻|
Metempsychosis               .*'``・* 。
                         †     *
やがて一つの因果は、その意志     \(゚∀゚)_*。+゚
をゼネピック大陸へと回帰させ、記憶 。*'``. 褌  へ ゚*
の深淵に刻まれた起源の意識を   `・+。く~▼~・' ゚+
思い起こさせるだろう。          ☆    。*゚
                        `・+。*・ ゚
故に、褌王は行く……



褌王 「ジーク……専務……ウリエガノフの封印……外してくれるか?」
専務 「一度……一度しか撃てんのだぞ! この意味がわかっとるのかッ!」
秘書 「それ故に・・・悔いの残らぬよう、やり遂げなさい。
     我、生きずして死すこと無し。理想の器、満つらざるとも屈せず。
     これ、後悔とともに死すこと無し…
     わかっていたはずだった…私達は、自由を見られるかしら?」

    
    封印ヲ解除・・・・・・コレニヨリ、全スキルノ使用不能。


癌呆 「おまえ達を生かしているのは、この私。
     癌畜となる正しき道を歩めるようにと…
     だが、おまえ達はそれを理解できぬというのか?」

ウリエガノフ 「Release the restrain seal.
      (封印を解除します。)
      Using the hyakkikoku may result the possibility of destruction your body.
      (しかし、「百鬼哭」の使用と同時に肉体が崩壊する可能性があります)
      You did your best. Was I helpful for you?
      (あなたは、最善を尽くしました。私は、あなたのお役にたてましたか?)

      I am deeply grateful to you...」
      (ありがとう…)


ウリエガノフの封印を解除した褌王は、蓄えた全ての力を一気に解放し、この世から消え去った……


癌呆 「チート使用でBANしますた」






スポンサーサイト
  1. 2008/08/10(日) 12:18:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小休止 | ホーム | Cβ当った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zaki0922.blog78.fc2.com/tb.php/88-67d219b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ザキ

Author:ザキ
FF14βテスト中
鯖:ガルーダ
1st:O'zaki Tia

構ってくれると家来になってくれるかもしれません

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。